ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

集合ラッパの意味

ブログを更新すると、暇だろうという判断の根拠にされた。なのでしばらく更新のモチベーションが下がっていたのだけど、また少しずつ書いて行こう。相変わらず本業以外の雑用と社交とに割く時間はないが。


『戦場のレクイエム』(フォン・シャオガン)を観た。2007年の中国映画。
英語タイトルは『ASSEMBLY』、中国語題は『集結號』。

国共内戦を素材にした戦争映画だ。聞こえなかった集合ラッパの音をめぐる物語。撤退の時期を誤って部下を全員戦死させた、というトラウマにとりつかれた、中国人民解放軍の下級士官の苦悩と再生の姿が描かれる。

これ以前のフォン・シャオガンの作風から微妙にはずれており、「演技論」もテーマではない。でも、職人監督としての技量と引き出しの広さを見せたというところだろうか。実話に基づいているようだ。

戦闘シーンは、スピルバーグ『プライベート・ライアン』を思わせる迫力と生々しさ。このところ戦争映画はあまり観ていないが、『プライベート・ライアン』はもう戦争映画の戦闘シーンを撮る際のスタンダードになっているのかな。

時代は48年。華東の戦線。国民党軍の進撃を止めるため、ある中隊が最前線に投入された。戦闘途中、部下たちは撤退を命じる集合ラッパがあったと報告する。主人公の中隊長は聞いていない。彼はあわや反乱というところをまとめて、第二波の攻撃を迎え撃つ。戦死した部下は廃坑内に収容しつつ。

果敢な戦闘の果て、部下たちは全員戦死、中隊長ひとりが生き残った。彼は国民党軍の軍服を着ているところを救出されたのだった。内戦の混乱のさなかで、部隊編成の記録はなく、彼が人民解放軍所属であったことを証明するものはない。行き場のない彼は朝鮮戦争に志願。51年冬の戦闘で負傷し、華東に帰る。

彼はそこで自分の部下たちが「失踪」扱いされていることを知る。戦死したと認められていないのだ。彼は戦死した部下たちも烈士(革命の英雄)の扱いを受けるよう、戦闘地域で遺体の発掘に残りの生涯を賭けようとする。数年後にやっと遺体が見つかり、中隊の兵士たちは全員が「烈士」として顕彰されることになった。

映画の最後に、問題の「集合ラッパ」が初めて吹かれる。音として、映画の中で表現される。「集結號」がじっさいにあったのかどうかという謎も明らかになる。このとき「集合」のもうひとつの意味に思い至って、わたしは少し涙した。

軍へのリスペクトはあるが、フォン・シャオガンは中国共産党を突き放して描く。最初に出てくるふたりの若い共産党員は初々しい教条主義者であり、二度目に毛沢東の肖像画を背景にして登場する共産党員は権力そのものである。中国の検閲機関も寛大になっているのだね。
[PR]
by sasakijo | 2010-07-12 11:06 | 日記