ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

あっちのポピュリズムに対しては

『ポピュリズムへの反撃 現代民主主義復活の条件』(山口二郎、角川書店、新書)

タイトルとおり、「小泉型政治」を批判し、民主主義復活の可能性を探ろうとする論考。2008年から2010年まで、神保町フォーラムでおこなわれた講演をまとめたものだという。刊行は昨年10月。

著者は昨年末、たしか週刊朝日かAERA誌上で、自分が民主党政権実現を訴え続けてきたことについて「リフォーム詐欺に加担した気分」と述懐していたと思う。民主党の理論的支柱のひとりである著者が「詐欺加担」の気分なのだ。二年前の選挙で民主党に一票を投じた市民の多くが、詐欺被害に遭った気分であっても、とくべつ被害妄想というわけではないだろう。

この幻滅が一気にファシズムに向かう可能性もなくはないわけで、その意味でも民主党の罪は大きい。財政破綻の夕張市が明日の日本なら、政治破綻の阿久根市も明日の日本にならないという保証はないのだ。

それでも著者は、幻滅までも含めて市民の政治的成熟の一過程と見る。鳩山内閣で幻滅というレッスンを早めに一度受けたことは、悪いことではなかったと。本書はポピュリズムの分析であると同時に、民主党の政権運営の稚拙さを批判する論考でもあるので、読後は少しシニシズムからは解放された気分になる。

著者は、小泉純一郎が駆使したポピュリズムを批判しつつ、ポピュリズムが民主主義にエネルギーを与える肯定的な側面があることも認める。だから著者は、敵味方の線を引き直すことで、ポピュリズム対してはポピュリズムで対抗しよう、と提言する。たぶんそれは、いま考え得るもっとも現実的な、政治的破綻回避の道だろう。

小沢一郎への批判的視点にも共感できる(この点は、神保町フォーラムのほかのメンバーとは意見を異にするところらしい)。

また北海道の住人として、著者は鈴木宗男についての評価が、北海道以外の土地ではちがっていることの違和感を書く。でも、北海道外での宗男人気は、かなりの部分、佐藤優効果である。鈴木宗男が土着型利益配分政治の典型という著者の評価には、誤りはないのだ。その評価が、小泉の敵創出のステレオタイプ化に利用されたという面があったとしても。

社民党やみんなの党を斬って捨てる部分も痛快。と、ひさしぶりに本のレビューなど。
[PR]
by sasakijo | 2011-01-10 20:47 | 本の話題