ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

詩的な遊びとしてのカメラ

『カメラは詩的な遊びなのだ』(田中長徳、アスキー新書)

田中長徳氏はライカ・エバンジェリストとして知られるひとだ。ライカ熱のないわたしも、氏のライカ愛についての本は少し読んできた。信仰を持つには至らなかったが。

この新書の帯の写真には、ライカⅠの隣りに、オリンパスE-P2。氏は本書冒頭でこのオリンパスE-P2を絶賛しているし、中の写真もこのカメラで撮ったものだとある。E-Pシリーズ・ユーザーとして、この新書は読まずにはいられない。収められている写真はすべてヘルシンキで撮られたもの。

テキストは講演か写真教室での講義を起こしたものだろうか。いつもの長徳節なのだけど、アマチュアへの実用的な助言が少し。

たとえばひとつ。RAWモードは必要なし。JPEGで十分。B全判まで拡大プリントできる。

プロでもそうなんだ。

もうひとつ。写真はプリントするな。フォトフレームでスライドショーにして見るのがいい。

これはプロの作品についても同じだ。いまなら写真は、重い豪華版写真集や混雑する写真展会場で見るよりも、PCで見るほうがいい。
[PR]
by sasakijo | 2011-01-17 20:34 | 本の話題