ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

弘前劇場『素麺』

弘前劇場『素麺』、その再演を観た。
12月7日夜公演、札幌コンカリーニョは満席。観客の多くは初演も観ているひとたちと見えた。

311を直接の題材にした舞台作品。
長谷川孝治が、津波の被害当事者を登場人物において提示するのは、このような問いだ。
「311の被災は、耐え忍び、やり過ごしてやるべき仮の事態、あるいはいつかは覚める悪夢なのか、それとも痛苦の想いで受け入れねばならぬ新しい現実なのか」

自明のこと、と答えることはできない。悪夢であってほしいという願いは、被災地に広く深く沈潜している。ましてや初演時の一年前であれば。

青森の旧家の三人姉妹が主な登場人物。次女は母親の故郷へ両親をともなってドライブ旅行に出ていたとき津波に遭い、両親を失う。三人で素麺を食べようとしていた矢先の被災だった。それ以降彼女は生き残った自分を罰するかのように、被災地でのボランティア活動に打ち込んでいる。周囲が彼女の健康を不安視するほどに。

姉妹にとって叔父にあたる中年男性も、被災地から青森に移って、臨時雇いの仕事についている。被災のことをほとんど語らないこの叔父は、あえて軽薄に振る舞うことで、衝撃と悲しみとに耐えているようにも見える。

その姉妹の家は、蔵があるほどの広い屋敷だ。座敷童も住み着いているが、蔵の改修が始まったことで、その家は居心地が悪くなった。座敷童はべつの家に移るしかなくなったと感じてきている。しかし東北でも蔵があるほどの家は少なくなっている。移ることには迷いがある。

ここに、二十年も下宿している市役所職員や、蔵の改修工事を引き受けている大工、鳶職たちが加わり、弘前劇場的な日常が描かれる。じっさいのところ、津波の直接の被害者・次女が登場するのは、お芝居もかなり進行してからである。それまでテーマは前景化してこない。

長谷川孝治は、これまでも食事の場を、共感や和解、共同性の再構築の象徴としてじつに効果的に使ってきた。『檸檬/蜜柑』の鍋焼きうどんや、『アグリカルチャー』のカレーライスが印象的であった。この作品では、タイトルにある「素麺」がその役割を受け持つ。しかし次女にとっては、それは残酷すぎる喪失の象徴である。被災を忘れて食することは難しい。

このタイトルの舞台であれば、「みなが卓を囲んで素麺を食べる」場面は、本来なら大団円に置かれるはずである。しかしじっさいはラストの少し前に、そこだけ非現実のように演出される。観客は誰もが(とくに次女が)屈託なくそれを食べるに至ったとは受け取ることができない。彼女の傷はそれほどに重い。

しかしラスト、次女と叔父は、それまでの野暮ったい(労働着としての) セーターから、アーガイルのセーターに着替えて登場する。アーガイル模様はこの場合「お洒落の記号」と読める。ふたりが社交生活への復帰も自分に許すまでに立ち直ったということなのだろう。

また、この家の住人たちの「その後」を見つめてきた座敷童も逡巡を振り切り、三陸方面にべつの家を探しに出る。「仮設(住宅)でもいい」と、古い大きな屋敷へのこだわりを捨てて。

叔父も、被災地に帰ることを決めている。「仮設に戻る」と。

ここで「仮設住宅」(被災に直接的つながる時空間)は、一時的、臨時的なものではなく、「新しい現実」となったことが示される。この現実を受け入れることからしか、被災家族の再生はない。被災者が立ち直ることはできない。

あくまでも弘前劇場的でありながら、かなり厳しい認識をはらんだ舞台だった。
[PR]
by sasakijo | 2013-12-12 09:07 | 日記