ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

駅の出てくる映画が好きだ

『シネマの名匠と旅する「駅」』(臼井幸彦、交通新聞社新書)

交通新聞社新書、というシリーズができたのだね。本書は003とノンブルが打ってある。6月15日初刷。16日2刷。ん? きょうはまだ15日だが。

著者は集英社新書で『映画の中で出逢う「駅」』というエッセイ集も出している。あの新書も、軽度テツのわたしには面白く読めた本だった。本書は同コンセプトで、交通新聞という業界紙に連載された文章をまとめたもの。

前作が手元にないので(こういうとき、最低限の資料しか置いていない避難地は不便だ)きちんと比較はできないが、本書のほうがマニア向けのうんちくが多いかな。「××駅という設定だが撮影は××駅」とか、「××行き列車は、この駅から発着したことはない」とか。

著者の専門が土木工学で、JR勤務だったということもあり、駅舎の建築学的解説も要を得ている。逆に言えば、語られる中身はさほど映画のストーリー寄りではない。もう少し映画への思い入れの強い文章でもよかったのに、とないものねだり。
[PR]
by sasakijo | 2009-06-15 23:31 | 日記