ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

オリンパスのDNA

7月30日に、オリンパスの米谷美久氏が亡くなったという。多少工業技術に関心のあるひとなら、よく知っている名。海外でも有名な技術者だ。

知人が自分のブログに、こう書いていた。
「オリンパス・ペン、ペンF、OM-1、そしてXA。カメラの世界で4回もの技術革新を起こした技術者」

わたしはオリンパスのカメラを使い続けてきた。最初のカメラこそ、父が友人からもらったノン・ブランドの35ミリ・カメラだったが、初めて自分で買ったカメラは、ハーフサイズのオリンパス・ペンだ。もっぱら山岳写真を撮った。

二十代後半になって使い始めたメモ用カメラがXA(ほぼ20年使った)。仕事用の一眼レフ・カメラはOM-1。そのあとOM-4。

デジカメ移行直前には、短い期間コンタックスT2も使ったが。

米谷氏が送り出した製品を見ると、その特徴は「小型化志向の明快さと、割り切りのよさ」と言えるだろうか。追従品やただの廉価版も横行するカメラの世界で、氏が開発した製品はどれもきわめてオリジナルだった。

わたしが入手したばかりのペンE-P1も、米谷氏のセンスを継承している。もっともわたし自身は、必ずしも米谷氏の名を意識してオリンパスを選び続けてきたわけではないのだけど。
[PR]
by sasakijo | 2009-08-02 20:34 | 日記