ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

ポツダム宣言受諾の夏

少し前の話題なのだが、わたしは8月12日に、某政令指定都市で開催されたシンポジウムを聴きに行った。
司会、山口二郎、パネリスト、佐藤優、原田宏二、郷原信郎、魚住昭。

すでに政権交代が前提で、警察、司法制度の改革をどう進めてゆくか、それをめぐる討論。200人ほどの席が用意された会場はほぼ満員。

佐藤優が言っていた。「官僚支配の打破には、最初の三カ月が勝負です。民主党は、政権を取ったらすぐに、すべての官庁に対して一切の書類の廃棄の禁止を通達すべきです」

じっさいには選挙前から、書類を組織的に廃棄し始めたところも出てきている。きょうは霞ガ関のすべての役所が、撤退を開始したドイツ軍の司令部状態か。

このシンポジウムでは、テーマに関連する閣僚候補について、個人名も出ていた。さほど無責任な発言とも聞こえなかった。

その前8月4日には、わたしは民主党のマニフェスト発表会にも行っていた。会場となったホテルの宴会場は、450人分の席が満杯。壁際には立ち見が数十人。

とくに印象的だったやりとり。
農民運動に関わっている党員が、FTA締結を明記したマニフェストに「届いたけれども、これでは配ることもできない」と強い調子で反対意見。執行部側代表の菅直人が、この文言は誤解を与える、遅くとも今週末までに修正する、と答えていた。

報道はこんどの選挙とその結果について、「熱」「風」と表現するところが多い。選挙運動の部分だけ見るとそうなのかもしれないが、それでも小泉フィーバーに較べればかなり醒めた空気だったのではないか。たったふたつだけれど、前述の体験を思い起こすと、むしろ昨日の選挙投開票は、国家指導層の一部で粛々と進められていた敗戦処理過程の最終手続き、ポツダム宣言受諾であった、と思える。

もっとも、「祭り」と表現したほうが楽しいから、わたしも昨日は朝八時に投票所に行き、夜にはシャンパンとワインを抜いたが。
[PR]
by sasakijo | 2009-08-31 18:32 | 日記