ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

カテゴリ:連絡( 55 )

道警シリーズ第四弾

角川春樹事務所から、道警シリーズの第四作となる『巡査の休日』が刊行となりました。

組織対現場警察官たち、というテーマは、三部までで一応完結。本作は、三作までの登場人物たちによる、いわば道警シリーズ第二シーズンの第一作目という位置づけです。

(当ブログ・オーナーがまだネット環境に復帰していないため、この記事は番頭がアップしました)
[PR]
by sasakijo | 2009-10-17 01:27 | 連絡

韓国の読者

『警官の血』の韓国語版刊行に続いて、『制服捜査』『暴雪圏』も韓国語版が出ると決まりました。
これら警察小説とはべつに、『エトロフ発緊急電』もこの12月に韓国語版が出ます。
[PR]
by sasakijo | 2009-09-17 20:16 | 連絡
『愚か者の盟約』がハヤカワ文庫で復刊されます。
親本は講談社。一九九一年。その二年後に細川政権が誕生したとき、評論家の高野孟さんが「この事態を予言した小説」と紹介してくれました。

北海道・室蘭を地盤とする二世野党議員が、政界の裏を知り尽くした第一秘書とともに政権奪取に出る、というポリティカル・サスペンス。はからずも、絶妙なタイミングでの新装版刊行となりました。
[PR]
by sasakijo | 2009-09-06 22:18 | 連絡
『笑う警官』コミック版が出ます。
実業之日本社から。画はシュガー佐藤さん。10月15日刊行予定。

ということは、10月から12月にかけて、『笑う警官』のメディア・ミックス状態が面白いことに。
まず文庫版があって、シリーズ4作目の単行本『巡査の休日』刊行。そしてコミック版。11月14日から映画公開、さらに12月に舞台。
原作がメディアによってどのように語り直されるのか、それを比較して楽しむことができます。

この時期、わたしは執筆仕事とは別に忙しくなりそうだ。
[PR]
by sasakijo | 2009-08-27 21:02 | 連絡
『笑う警官』舞台版の公演が決まりました。
本年12月15日から21日まで(1日延びる可能性あり)。
東京・銀座みゆき館劇場。
脚色・演出は高橋征男(舞台版『新宿のありふれた夜』も彼の作品)。

出演者等は正式決定後にあらためてご案内します。
ちなみに、映画版『笑う警官』は、11月14日から全国東映系で公開です。
[PR]
by sasakijo | 2009-07-31 09:06 | 連絡

新刊『廃墟に乞う』

新刊が出ました。
『廃墟に乞う』(文藝春秋、7月15日刊。1,600円プラス税)
連作短編集。

オール読物に掲載したものです。警察小説に分類できるかと思いますが、主人公の刑事(道警本部捜査一課)は休職中で、起こった事件について捜査権限を持ちません。初動捜査にのみ関わって、すぐにその土地を立ち去ります。

舞台となる土地は、ニセコ(倶知安)、札幌、帯広、日高の馬産地、オホーツク海沿岸の漁港、夕張市に近い旧産炭地。それぞれの土地柄を反映した六つの事件を描いています。
[PR]
by sasakijo | 2009-07-09 17:47 | 連絡

音信不通となります

継続していた仕事が最終追い込み態勢となった。一日集中力が切れただけでも、周囲にたいへんな迷惑をかけることになる。なので関係各位には、当面、雑務の依頼や社交のお誘いは遠慮してくれとお願い。eメールについても、対応できる用件以外では返信できません。ご了解を。

業務連絡的なことはこのブログでは書かないつもりだったけれど、重大案件なので。
[PR]
by sasakijo | 2009-06-21 10:03 | 連絡

Coyoteで新連載

Coyote(スイッチ・パブリッシング)で、新しい連載が始まりました。
『旅行記を旅する』という、書評、書物紹介の体裁を取った、わたし自身の旅行エッセイ。ちょっと企みがあって、『幻影シネマ館』同様、取り上げられている旅行記は架空のものです。第一回なので、フィクション、と断り書きはつけてあるけれど、次回以降はその注をはずします。
イラストは赤井稚佳さん。

この第一回で取り上げた本は
『セントマークス・プレイス65』(高見沢裕、鶴書房、1967年刊)
Amazonで検索をかけても見つかりません。
[PR]
by sasakijo | 2009-06-12 14:27 | 連絡
オール読物(文藝春秋)の6月号に、北海道警察の元釧路方面本部長・原田宏二氏とわたしの対談が掲載されています。「警官の誇り、現場の闘い」というタイトル。

原田氏のお話がじつに興味深いものであったので、わたしはもっぱら相槌を打つだけの対談でしたが。
[PR]
by sasakijo | 2009-05-26 17:37 | 連絡

増刷のお知らせ

『天下城』(文庫版上下、新潮社)の下巻がしばらく品切れ状態でしたが、このほど増刷。入手可能となりました。
[PR]
by sasakijo | 2009-05-18 14:53 | 連絡