ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

いわゆるGLP問題について

例のgoogle電子的書籍データベース(Google Library Project)の問題について、講談社さんからの見解が届いた。別の出版社でも、問題点を整理して作家さんたちに見解を示してくれるという。

この問題に関してのわたしの基本的な立場は、日経新聞からの電話取材でコメントしたとおりだ(紙面では、条件の部分を削られていたけれども)。わたしは、Web上に自分の書いたテキストがアップされ、アクセスが容易になることを歓迎する。問題は、出版社と結ぶ二次著作権の優先的使用に関する契約条項にあるのではないか、と考えていたが、講談社さんの見解を読むかぎり、これは問題にならないようである。すべては作家の意志次第ということのようだ(誤解しているようだったら、ご指摘を)。

わたしは公立図書館に自分の著作物が買い上げられ、これが無料で利用者の閲覧に供され、あるいは貸し出される制度を支持する。同じように、インターネットというテクノロジーを人類が手にしたこの時代にあって、自分の著作が、ネット上「でも」読めるようになったことを喜ぶ。「商品」としての本の流通とはべつに、自分の書いたテキストが、ネットを通じて世界の誰かの目に届く可能性が拡がったこの時代を歓迎する。

わたしには、ネットを含めた多くの「無償のアクセスの回路」を通じて誰かの著作に接し、自分の読書生活を豊かにしてきたという実感がある。著作者としての立場から言っても、わたしには公立図書館と同様に、ネットが必要である。それらはわたしの将来の読者、将来のわたしの本の購入者を作る土壌にはなりえても、読者を減らす木枯らしにはならないはずである。

同業者団体の中には、この件についてきわめて神経質に対応しているところがある。

(著作がネット上に公開されると)「本を買う必要がまったくなくなることは間違いありません」
しかし、この団体がこう確言できる根拠はなんだろう?
「図書館という制度のおかげで、本を買う必要がまったくなくなった例がある」とでも言うのだろうか。

この団体は、著作権料が入らないかぎり、絶対に自分たちのテキストは読ませてはやらない、という立場だ。たぶんこのひとたちとわたしとでは、そもそも何を願って書いているのか、というところから違っているのだろう。

わたしは若いころ、書きたいものがあるときは上質紙に原稿を手書きし、仲間たちに回覧した(必ずしも小説ではなかったが)。やがて謄写版印刷を使えるようになると、自分で鉄筆を持ってガリ切りし、自分で印刷して、これを自分で手渡ししてまわった。長い原稿を書いたときは、ホチキスで簡易製本して「本」を作った。

このときわたしにあったものは、自分のテキストをひとりでも多くのひとに読んでもらいたいという欲求であって、相手から原稿料なり印税を徴収したいという、貨幣との交換の期待ではなかった。その「とにかく読んでもらいたいのだ」という衝動のままに、わたしは小説家となった。

職業作家として、わたしは原稿料について触れない編集部なり編集者の原稿依頼には冷淡に対応する。ビジネスとしてやっているなら、それを明示してほしいと願う。しかし、前にも書いたが、世の中からもし出版産業が消えたとしても、わたしは書くことをやめないだろうし、インターネットを使って、わたしは原稿をアップし、公開し続けるだろう。原稿料、著作権料は、わたしが書くうえでの唯一の、あるいは最大のモチベーションではない。

内田樹教授もこの問題に関して、きょうのブログに書いている。
「著作権からの収益が確保されないなら、一切テクストの公開を許さないという人はそうされればよいと思う。
それによってその人のテクストへのアクセスが相対的に困難になり、その人の才能や知見が私たちの共有財産となる可能性も損なわれても、そんなことは著作権保護に比べれば副次的なことにすぎないというなら、仕方がない」

わたしはgoogleに対して、自分の著作物のネット公開を拒絶する意志表示はしない(和解に参加する)。
[PR]
by sasakijo | 2009-04-05 19:36 | 日記
『読書癖4』(池澤夏樹、みすず書房)
99年の刊行。持っているつもりでいたけれど、手に取ったら未読だったのであわてて買った。書評集。

求龍堂の『星の王子さまのはるかな旅』を取り上げた一篇がある。これは書評というよりは、『星の王子さま』論。池澤氏も『星の王子さま』を訳しているが、それはこの書評が書かれた後の05年。

ふと、最近、斉藤美奈子も『星の王子さま』の翻訳ラッシュを話題にし、訳を比較していたことを思い出した。
『文芸誤報』(斉藤美奈子、朝日新聞社、08年)。彼女はここで、岩波書店の内藤濯訳から、倉橋由美子訳、池澤夏樹訳など七冊の翻訳を比較して論じている。

じつはわたしも去年、あるサークルで『星の王子さま』の英語版をかなりみっちりと読むという体験をしている。ほぼ四十年ぶりの『星の王子さま』体験だった。四十年前には、当時の女子学生が熱狂するほどには面白く思えなかった童話(そのころだから当然内藤訳の日本語)が、去年突然「理解できた」。こういう話だったのかと納得できた。

いまWikipediaを読んでみると、すでにその解釈は、82年に塚崎幹夫というひとが『星の王子さまの世界~読み方くらべへの招待』(中公新書)という論考で主張していることだという。いま、この新書もAmazonで注文。ただし、その主張は、一部の読者には強い反感をもたれているらしい。

塚崎幹夫はこの作品を、「ヨーロッパで戦争に巻き込まれて辛い思いをしている人々への勇気づけの書」であると見ているのだという。わたしの読み方では、この作品は、ファンタジーの様式を借りた、かなり過激な反ファシズム文書。

池澤氏も書いているように、この作品でもっとも解釈が難しいのは、王子さまと、故郷の星の一輪のバラとの関係である。バラとは何の暗喩なのか? 王子さまとバラとの関係は、いったい何なのか? 単に恋人、単に恋愛ではあるまいとは、ほかのエピソードのトーンからも推測がつく。

本作品中でバラと対比される植物バオバブの木についての記述から、逆にバラが何であるかを考えてみるとよい。
バオバブの木は「芽のうちはバラによく似ているが、油断して摘まずにいると、たちまちはびこって地表を覆い尽くし、最後にはその惑星を爆発させてしまう」という、災厄のような植物である。

この記述のあるページの挿絵は、三本のバオバブの巨木が、小さな惑星をまさに内側から破壊し、爆発させようとしているところ。

作品が刊行されたのは、サン=テグジュペリがアメリカに亡命していた時期(43年4月)であり、彼がその後故国に戻り、ドイツ空軍との戦いの中で死んだことを考えれば、作品にこめられた政治的メッセージを無視することは不可能だ。バオバブの木とはすなわちファシズムであり、惑星を押し潰そうとしている三本のバオバブの木は、国際社会を破壊しようとしている三国同盟と見てよい。

逆にバラは、その芽のうちはファシズムにも似ているし、高慢で身勝手で、育てるためにはたいへんな繊細さが必要なものだが、しかしひとを幸福にしてくれる美しい何か、である。とくに王子さまの惑星のその一輪のバラは、名前を持った(池澤氏の言葉を借りれば、定冠詞的関係となる)特定の誰か、ということだ。つまり(不定冠詞の)バラとはデモクラシーであり、そして王子の惑星の一輪のバラは、民主的な社会を構成する具体的なひとりの市民ということになる。

ひとはときどき、貴様のような女とはもう会いたくもない、おれはどこかよその惑星に行ってしまうぞ、と叫びたくもなる(千葉知事選挙の結果などに、バラのお馬鹿っぷりを見てしまう感受性はけっしておかしくはない)。しかしそれでもあんたの惑星にいるあんたのバラは、ファシズムよりはずっとましな、大切な存在ではないか、大事にしろと、『星の王子さま』は小さな声で言っているのだ。物語のラストを想えば、そのバラはフランスそのものであるという解釈も可能だろう。


池澤氏も、斉藤氏も、『星の王子さま』の政治的メッセージには言及していない。ま、言葉にしてしまえば、今日では野暮ったくも受け取られるメッセージであることはたしかであるし。
[PR]
by sasakijo | 2009-04-04 20:58 | 本の話題
初期短編集がポプラ文庫から出ました。
『ラスト・ラン』(ポプラ社、580円。解説は池上冬樹氏)
デビュー直後の80年代初頭に書いたバイク小説集です(85年刊行の親本に、もう一篇をプラス)。

ちょうど志水辰夫さんの初期短編集も、中黒なしの『ラストラン』というタイトルで出たばかりですね。あちらは単行本。徳間書店。

タイトルがこうなったのは偶然。わたしのほうは、収録作品中のひとつのタイトルを使っています。
[PR]
by sasakijo | 2009-04-03 21:17 | 連絡