ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

JR函館駅にある妄言

函館にJRで行ったのは久しぶり。かつての記憶とはずいぶん印象のちがったJR函館駅の通路で、奇妙な文句を見つけた。壁画の一部のようだ。

こう彫ってある。
「きのうの敵は あすの友
 箱館解放一八六八年
 二〇〇三 流政之」

「箱館解放一八六八年」って何のことだ? 明治元年に箱館(函館)は外国軍か圧政から自由になった?
榎本軍統治下の時代を嫌った箱館(函館)市民も多かったという。だからこれが「一八六九年」(明治二年)と記されていれば、それは箱館戦争の終わりを意味しているのだとわかる。

でも「一八六八年」。もしかして、明治維新のことを言っているのか?

しかし日本中の幕府直轄地の中で、明治維新を「解放」と表現する土地があるとは聞いたことがない。函館だけ特別に幕府が圧政を敷いていたとも聞かないから、この「解放」の意味がわからない。それとも函館市民は、明治維新を本気で「解放」と信じているのか?

明治維新や戊辰戦争について、歴史観の違いによる表現の差はあるだろう。でも、幕府直轄地で明治維新が「解放」であったというのは、歴史観の違いというよりは、妄言である。

「きのうの敵は あすの友」という文句も不可思議だ。ふつうは「きのうの敵は、きょうの友」という対句だろう。勝者の寛容、もしくは戦争の終わりを双方が歓迎し互いにわだかまりを捨てることを意味するフレーズ。でもここではあえて「現在はまだ友ではない」と強調しているわけだ。

なんのために慣用句をこのように変える必要があるのだろう。函館では、敵味方の区別はいまもなお厳然と続いており、市民はそれを是としているということか? 

最後の「流政之」という名。なんとなく聞いたことはあるが、どんな人物かよく知らない。なので検索してみたら「現代アーチスト」らしい。

函館駅のレリーフの言葉は、その彼の「文化人」としてのご託宣ということか。

JR北海道は、早めにあのお恥ずかしい壁画を撤去すべきだ。函館市民も、こういう人物のオブジェをありがたがっていてはいけない。個人がコレクションするのは勝手だけれど。
[PR]
by sasakijo | 2010-08-19 00:17 | 日記
舞台版『婢伝五稜郭』のチラシが出来上がったようだ。わたしの手元にはまだ届いていないけれど、出演者さんのひとりのHPにはもうアップされていた。

http://ameblo.jp/wakamiho/entry-10586605290.html
a0019702_1935746.jpg

[PR]
by sasakijo | 2010-08-15 18:48 | 連絡

『五稜郭残党伝』舞台版

劇団さっぽろ函館公演『五稜郭残党伝』を観る。わたしの原作を、計良光範氏が脚色、演出した。休憩を入れて2時間40分の大作。於函館芸術ホール。

あらためて思うけれども、これはなんとも過激なメッセージ性を持った作品だった。若松孝二監督が映画化を企画した理由にも納得がゆく。舞台化に挑戦した劇団さっぽろに敬服。

自分の原作ながら、主人公たちがアイヌの青年シルンケと会うあたりから涙が止まらない。休憩のときはとてもきまりが悪かった。

中でやりとりされるアイヌ語はほんものだという。日本語の台詞をアイヌの方がアイヌ語に直し、役者さんたちが読んだものを録音してさらに発音を直したとか。アイヌの習俗の表現にも嘘はないとのことだ。

混血の美少女ヤエコエリカが、お芝居の最後に自分で口のまわりに入れ墨を入れる。死んだアイヌの青年シルンケの妻(未亡人)として生きることの誇らしげな宣言。彼女は言う。「シルンケ、約束する。わたしはあの島で立派な男の子を育てる」
恥ずかしながら、滂沱。

西部劇で言うキャンプファイヤー・トークの場面も、胸にしみた。わたし自身も、このシーンはこのように観せてもらいたかったのだ。


残党追討部隊を表現する音はバスドラム。暗転のたびにこのドラムが黒くまがまがしく響く。ラストには、ムックリの音を連想させるコントラバスの音色。ここまでこの音を使わない抑制も効果的だった。

アイヌたちの処刑というショッキングなシーンは、視覚的にはやはりきわめて抑制された表現。ここに流れるのが意外にもジャズ。「奇妙な果実」。ここで観客はこのお芝居が、いま現在とつながるコンテンポラリーな物語であることを意識する。

昨夜は興奮で眠れなかった。ただ、寿郎社の土肥さんもツイッターで書いているが、ベテランの俳優さんたちと学生さんたちの力量の差が大きかったのが残念。
[PR]
by sasakijo | 2010-08-14 22:56 | 日記
劇団さっぽろの函館公演『五稜郭残党伝』を観に行きます。
函館芸術ホール。

8月13、14日と連続公演ですが、わたしは13日の回に行く予定。原作者として、舞台あいさつもあるだろうと思います。
http://gekidan-sapporo.com/default.aspx
[PR]
by sasakijo | 2010-08-10 14:29 | 連絡

リンドバーグに花束を

一族の法事。
これまで聞いたことのなかった面白い話を聞いた。

リンドバーグへ再が北太平洋横断飛行の途中(昭和6年、1931年)、エトロフ島紗那に給油で立ち寄ったとき、通訳をつとめたのが祖父・佐々木千代太郎のいとこだったという。
このとき叔母たちは、花束作りをおこない、歓迎セレモニーで花束を贈呈したのだとか。

リンドバーグ夫妻とエトロフ島政府関係者との記念写真は残っている。リンドバーグの後ろ左側に写っている乗馬ズボンの男性が、その祖父のいとこ。
[PR]
by sasakijo | 2010-08-08 19:39 | 日記

お詫び

10月7日刊行予定であった『婢伝五稜郭』(朝日新聞出版)、刊行が来年1月に延びました。
佐々木の執筆の遅れによるものです。関係各位には10月刊行予定で作業にかかっていただいておりましたが、無駄になってしまいました。誠に申し訳ありません。

舞台版『婢伝五稜郭』は予定どおり10月13日から17日まで、東京・俳優座劇場での上演です。刊行をこの上演に間に合わせたかったのですが。
[PR]
by sasakijo | 2010-08-05 09:54 | 連絡
劇団さっぽろによる『五稜郭残党伝』函館公演、函館での稽古が始まりました。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/244751.html

記事中、関係者の言葉として
「史実とは違う歴史観を函館の舞台で感じてほしい」という。
とある。

関係者はたぶん「官軍史観とは違う歴史観」と言ったはず。記者は「官軍史観」イコール史実と信じて疑ったことがないのだろう。
[PR]
by sasakijo | 2010-08-04 17:42 | 連絡

携帯電話番号変更

携帯電話の番号を変えました。
いま超多忙につき、関係各位に変更のご案内ができるのは、かなり先のことになりそうです。しばらくのあいだ、連絡にはeメールをお使いください。番号変更にともない、携帯電話のメールアドレスも変わりました。
[PR]
by sasakijo | 2010-08-04 13:17 | 連絡