ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo
googleのGLP問題で、NHKの取材を受ける。
わざわざこの避難地までスタッフがやってきてくれたぐらいなのだから、和解参加、GLP歓迎という小説家は、どうやら少数派なのだろう。

ニュースで使われる発言なので、遠回しな言い方をせず、言い切ることを心がける。なので、ふだんより過激なことを言っているように感じられるかもしれない。30日夜9時放送のNHKニュース、GLP問題特集で。

日本文藝家協会やその他の団体の対応についても感じるところを語ったが、マイクを切られていたときのはずで、放送はされないだろう。

わたしが入っている日本ペンクラブも和解に反対する声明を出したと聞いた(これを伝えるメールマガジンはまだきていないはず)。それにしても、ううむ、だ。もしペンクラブまでJASRACのような振る舞いを始めたら、逆に日本の文芸の世界は痩せ細らないか?


関連する話題。
知らなかったが、日本ビジュアル著作権協会(JVCA)という団体があるのだね。GLP問題では、会員に和解離脱を勧めている。ここは、著作権をめぐっても、じつにアグレッシブな活動を続けているらしい。

この団体のことを知ったのは、仲俣暁生氏のサイトで。
http://d.hatena.ne.jp/solar/20090425#p1
きょうの記事で、曽我陽三JVCA理事長と半田正夫青山学院大学常務理事との対談が一部引用されている。この対談を読むと、世の中には著作権について、わたしとは絶対に理解し合えないひとがいるのだなと感じる。「本」とはどんなものなのか、という根本の部分で、わたしとこのひとたちとでは認識がまったくちがうのかもしれない。

たとえば、読書好きのひとたちのあいだを次々と渡っていって、二十年か三十年後、モロッコの木賃宿のロビーでついに最後の綴じ糸も切れてばらばらになる、というような本と、その本の生涯を、わたしは理想のひとつとして夢見る。でも上記対談のひとたちはちがうようだ。モロッコまでの旅の途中の読者からも確実に印税が入ってくる機能を持った商品ができたとき、それを理想の本だと思うのだろう。

下のサイトも、この協会について、とても納得できることを書いている。
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/47151925.html
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-25 21:17 | 日記

ストレス性古書購入

早川書房から、異色作家短編集というシリーズが出ている。最初の刊行は昭和四十年代の前半。小振りのお洒落な装丁で、函入りだった。わたしはこのシリーズを二冊、持っている。ジャック・フィニィ『レベル3』と、ロアルド・ダール『キス・キス』。

(『キス・キス』の開高健名義の翻訳は、Amazonでは酷評されている。そんなに悪い訳だったのか)

最近、デュ・モーリアの短編をいくつか英語で読み、彼女の作品をもう少し読みたくなった。異色作家短編集には『破局』という作品集が入っており、これの新装版も出ている。買おう、と思ったのだけど、ちょっと高い。2,100円。古書の値段もあまり新刊と差がない。

このシリーズ、全部揃えてもよいくらいのいいセレクトなのだけれど、この価格ではなあと二の足。ふと思いついて、スーパー源氏で古書を検索してみた。おっと、最初の版12巻揃い5,800円。シリーズ新装版三冊分以下の出費で全巻揃う(もっと高い店もある)。すぐに注文してしまった。二点だぶるのはがまんできる。

書棚に空きができたので、このところ、わたしの現実逃避先はAmazonかスーパー源氏。デスクから離れずに、ストレス性過食のような勢いで本を注文している。大半が古書なので、満足感、充実感の割りには安上がり。書棚の空きスペースを見ると、あと100冊ぐらいは行けそうだ。それだけ買いこんでしまう前に、この地獄を脱していたらよいのだけど。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-25 00:35 | 日記

ヤンキーの起源

更新の間が開きすぎるのもいやなので、簡単に。

『ヤンキー文化論序説』(五十嵐太郎編・著、河出書房新社)

最近、このテーマでたしか新書も出たはず。ヤンキー論ブームが始まるのかもしれない。ただし本書でも、「ヤンキー」とは何なのか、きちんと定義されていない。それは階層なのか? 文化なのか? またそれは「終わった」のか? それともまだ生きているのか? 本書では宮台真司以下十七人が論考を発表しているが、彼らのあいだでもまだ共通の認識はできていないようだ。

それでも、「ヤンキー」と名付けてなんとなく納得できる何かがあることは確かだ。タイトルにあるとおり、これは「序説」。これから、たとえばオタク論のように、このテーマについて多くの論者やメディアが語りだすことになるのだろう。

ひとつ、本書を読んでいて思い出した小説。
『けんかえれじい』(鈴木隆)、いま手元にないので、版元はあとで調べて付記。鈴木清順の映画の原作。
(付記、いま岩波文庫版が出ていた。わたしが持っているのは、たぶん理論社版。上下二巻)


これは戦前の岡山と会津が舞台、硬派の旧制中学生の喧嘩に明け暮れる青春記なのだが、中でひとりの友人が学生服の背(裏地?)に派手な絵を描いたエピソードがあった。彼の級友たちはその行為を「あいつがとうとう飛ばした」(うろ覚え)と称賛するのだ。旧制中学生というインテリ予備軍(卒業後都会に出る子も多かったろう)の青年たちの話なので、社会階層に差はあるが、突っ張りという行動様式には共通性がある。美意識も、ほとんど通底していると言ってよいのではないか。

なので、わたしの仮説。ヤンキーのルーツは意外に古い。けっして戦後のものではない。ましてや、キャロル=矢沢永吉あたりを発祥と見るのは間違い。それはたぶん戦前にすでに存在していたが、社会一般からは無視されていたのだ。顕在化したのが、七十年代。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-22 23:10 | 日記
『ラスト、コーション』(アイリーン・チャン、集英社文庫)

タイトルに注意。中グロではなく、点。『LUST,CAUTION』、中国語の原題は中グロ入りの『色・戒』。抗日戦争下の上海、重慶政府派と南京政府派との暗闘を、重慶派女性スパイの視点から描いた秀作だ。

映画版のDVDを観て、いったいどんな短編からあの大作映画が出来るのか気になっていた。読んでみると、描かれる時間は、南京政府派要人の易(映画ではトニー・レオン)暗殺計画がまさに実施されようとしたその日だけ。視点はおおむね女性スパイ佳芝(ジアジー)のものだけれど、最後は易の視点で締めくくられる。

映画を観ていなければ、記述のいくつかの意味に気づかなかったろう。とくに香港のエピソードは、主人公の回想の中で簡潔に書かれているだけ。なのにあの映画を支えるだけの豊かさを持っていたのだ。逆にあの記述から、あれだけのキャラクターたちやサブ・エピソードを作ってしまった脚本家の感受性もすごい。

クライマックスの舞台となるインド人経営の宝石店の構造は、映画に描かれたとおりだった。不思議な造りなのでその点も気になっていたが、映画はじつに正確にその描写を再現していたのだ。モデルとなった店がじっさいにあったのだろう。

じつは病院の待ち時間に読むべく持っていった文庫。思いのほか待たされず、表題作しか読めなかったが、収穫だった。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-18 00:39 | 本の話題

日本文学e-magazine構想

某翻訳事務所の代表さんと、ランチしながら意見交換。現代の日本文学を英語で紹介するe-magazineの立ち上げについて。

この事務所は、わたしのTwo Short Stories of Sapporoの翻訳をやってくれたところ。去年のザグレブ大学での発表用のパワーポイント・ファイル(という呼び方でよいのかな?)も、作成をお願いした。優秀な英日、日英の翻訳者さんを抱えており、その力をこっち方面でも生かしたいという。

著作権問題や業界事情などもからめながら話した。翻訳事務所さんが構想するように、そのサイトに入れば、現代日本文学(エンターテインメントを含めて)の現状と概観がわかる、というサイトを作る意味は小さくないと思う。作家を紹介し、短編なら全部を、長編ならその一部と梗概を、英語でアップする。評論や、外国人研究者の論文も載せる場とする。

ネットからの収益は望めないが、翻訳経費ぐらいは出るシステムを作らねばならない。ここが難問。

私家版英訳短編集を作った経験から言えば、当初はネット同人誌のかたちを取る、という手はあるかもしれない。データが蓄積されてゆけば、また運営の方向性も方法も、変わっていっていいのだし。

意見交換をもう少し重ねてゆこう。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-11 00:02 | 日記
『星の王子さまの世界 読み方くらべへの招待』(塚崎幹夫、中公新書)
コンテナでどっと届いた古書のうちの一冊。

82年にはすでに、『星の王子さま』をこう解釈する論考が出ていたのだね。というか、岩波書店が刊行したのが53年だから、それでも遅すぎないかという気がしないでもない。本書はきわめて挑発的とも言える『星の王子さま』の通俗解釈批判である。

序文で著者は書く。
「私はいまこの書物を、現下の世界の危機にどこまでも責任を感じて思いつめる一人の「大人」の、苦悩に満ちた懺悔と贖罪の書であると受け取っている。他方、人びとのいっているところから判断すると、彼らはこの書物を逃避か、免罪か、ナルシズムの書物と、どうやら理解しているらしく思われるのである」

こういう一節もある。
「この書物の特権的読者であることを証明するためには、純真で無邪気であることを証明する以外にはないからである。思考力も判断力も想像力も捨ててしまった一種の痴呆状態が、この書物を読むのに要求されている純真さと無邪気さの至高の状態だと、理解しているのではないかと疑わしくなるような例さえ珍しくない」

岩波書店は、本作の新装版を出したとき、バオバブの挿絵を収載しなかったという(いまの版では復活とか)。それまで日本の読者はバオバブの木の暗喩の重要性をまったく意識していなかったということになる。それほどの誤読が続いていたのだ。

わたしも、童心やら純粋、純真といったキーワードが頻出したこの作品の当時のもてはやされかたのせいで、四十年前は反ファシズムがテーマの書とは受け取れなかった。すでに『人間の土地』(筑摩の世界教養全集の一冊だったと思う)を読んでいたから、ファッションのように読まれている童話はいやだ、と最初から敬遠気味だったのかもしれない。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-09 16:57 | 日記
佐藤泰志の『海炭市叙景』が映画化される。
熊切和嘉監督(『ノン子36歳(家事手伝い)』ほか)。

製作実行委員会から、その決定を伝えるチラシが届いた。「映画化が楽しみ」という趣旨の、わたしの短いコメントもチラシには掲載されている。

じつを言うと、函館の製作実行委員会のひとから、コメント寄稿を頼まれた。ちょうど多忙な時期であったのと、自分の性格を考えて、コメントしたことについてはついつい深く関わりすぎてしまうだろうと予想できた。そうなると、いろいろ迷惑をかけている関係各位にはいよいよ申し訳が立たない。趣旨には賛同しつつも新たにコメントを書くことはお断りしたのだった。

でも、ブログには映画化の期待について書いている。この短い文章の引用はまったくかまわない(つねづね、自分がネット上に公開するテキストについては、原則として引用・転載自由と表明してきたし)。というわけで、引用の了解を求める問い合わせにはオーケーしたのだった。

チラシになったものを見ると、わたしの一文はいささか素っ気ない。ほかには岡崎武志さん、井坂洋子さん、文弘樹さん(『佐藤泰志作品集』を出したクレイン社の社長さん)、越川道夫さん(映画プロデューサー)が期待の熱いコメントを書いているのに。

この期待のコメントとはべつに、川本三郎さんも一文を寄せている。ちなみに、川本さんの書評集『言葉のなかに風景が立ち上がる』に収められた『海炭市叙景』論は、それ自体で涙が出てくるほどに素敵な評だった。

製作実行委員会のホームページは
http://www.cinemairis.com/kaitanshi/index.html

あれ、exblogでは、記事中URLへのリンク機能はないのだったか。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-08 23:51 | 日記

いわゆるGLP問題について

例のgoogle電子的書籍データベース(Google Library Project)の問題について、講談社さんからの見解が届いた。別の出版社でも、問題点を整理して作家さんたちに見解を示してくれるという。

この問題に関してのわたしの基本的な立場は、日経新聞からの電話取材でコメントしたとおりだ(紙面では、条件の部分を削られていたけれども)。わたしは、Web上に自分の書いたテキストがアップされ、アクセスが容易になることを歓迎する。問題は、出版社と結ぶ二次著作権の優先的使用に関する契約条項にあるのではないか、と考えていたが、講談社さんの見解を読むかぎり、これは問題にならないようである。すべては作家の意志次第ということのようだ(誤解しているようだったら、ご指摘を)。

わたしは公立図書館に自分の著作物が買い上げられ、これが無料で利用者の閲覧に供され、あるいは貸し出される制度を支持する。同じように、インターネットというテクノロジーを人類が手にしたこの時代にあって、自分の著作が、ネット上「でも」読めるようになったことを喜ぶ。「商品」としての本の流通とはべつに、自分の書いたテキストが、ネットを通じて世界の誰かの目に届く可能性が拡がったこの時代を歓迎する。

わたしには、ネットを含めた多くの「無償のアクセスの回路」を通じて誰かの著作に接し、自分の読書生活を豊かにしてきたという実感がある。著作者としての立場から言っても、わたしには公立図書館と同様に、ネットが必要である。それらはわたしの将来の読者、将来のわたしの本の購入者を作る土壌にはなりえても、読者を減らす木枯らしにはならないはずである。

同業者団体の中には、この件についてきわめて神経質に対応しているところがある。

(著作がネット上に公開されると)「本を買う必要がまったくなくなることは間違いありません」
しかし、この団体がこう確言できる根拠はなんだろう?
「図書館という制度のおかげで、本を買う必要がまったくなくなった例がある」とでも言うのだろうか。

この団体は、著作権料が入らないかぎり、絶対に自分たちのテキストは読ませてはやらない、という立場だ。たぶんこのひとたちとわたしとでは、そもそも何を願って書いているのか、というところから違っているのだろう。

わたしは若いころ、書きたいものがあるときは上質紙に原稿を手書きし、仲間たちに回覧した(必ずしも小説ではなかったが)。やがて謄写版印刷を使えるようになると、自分で鉄筆を持ってガリ切りし、自分で印刷して、これを自分で手渡ししてまわった。長い原稿を書いたときは、ホチキスで簡易製本して「本」を作った。

このときわたしにあったものは、自分のテキストをひとりでも多くのひとに読んでもらいたいという欲求であって、相手から原稿料なり印税を徴収したいという、貨幣との交換の期待ではなかった。その「とにかく読んでもらいたいのだ」という衝動のままに、わたしは小説家となった。

職業作家として、わたしは原稿料について触れない編集部なり編集者の原稿依頼には冷淡に対応する。ビジネスとしてやっているなら、それを明示してほしいと願う。しかし、前にも書いたが、世の中からもし出版産業が消えたとしても、わたしは書くことをやめないだろうし、インターネットを使って、わたしは原稿をアップし、公開し続けるだろう。原稿料、著作権料は、わたしが書くうえでの唯一の、あるいは最大のモチベーションではない。

内田樹教授もこの問題に関して、きょうのブログに書いている。
「著作権からの収益が確保されないなら、一切テクストの公開を許さないという人はそうされればよいと思う。
それによってその人のテクストへのアクセスが相対的に困難になり、その人の才能や知見が私たちの共有財産となる可能性も損なわれても、そんなことは著作権保護に比べれば副次的なことにすぎないというなら、仕方がない」

わたしはgoogleに対して、自分の著作物のネット公開を拒絶する意志表示はしない(和解に参加する)。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-05 19:36 | 日記
『読書癖4』(池澤夏樹、みすず書房)
99年の刊行。持っているつもりでいたけれど、手に取ったら未読だったのであわてて買った。書評集。

求龍堂の『星の王子さまのはるかな旅』を取り上げた一篇がある。これは書評というよりは、『星の王子さま』論。池澤氏も『星の王子さま』を訳しているが、それはこの書評が書かれた後の05年。

ふと、最近、斉藤美奈子も『星の王子さま』の翻訳ラッシュを話題にし、訳を比較していたことを思い出した。
『文芸誤報』(斉藤美奈子、朝日新聞社、08年)。彼女はここで、岩波書店の内藤濯訳から、倉橋由美子訳、池澤夏樹訳など七冊の翻訳を比較して論じている。

じつはわたしも去年、あるサークルで『星の王子さま』の英語版をかなりみっちりと読むという体験をしている。ほぼ四十年ぶりの『星の王子さま』体験だった。四十年前には、当時の女子学生が熱狂するほどには面白く思えなかった童話(そのころだから当然内藤訳の日本語)が、去年突然「理解できた」。こういう話だったのかと納得できた。

いまWikipediaを読んでみると、すでにその解釈は、82年に塚崎幹夫というひとが『星の王子さまの世界~読み方くらべへの招待』(中公新書)という論考で主張していることだという。いま、この新書もAmazonで注文。ただし、その主張は、一部の読者には強い反感をもたれているらしい。

塚崎幹夫はこの作品を、「ヨーロッパで戦争に巻き込まれて辛い思いをしている人々への勇気づけの書」であると見ているのだという。わたしの読み方では、この作品は、ファンタジーの様式を借りた、かなり過激な反ファシズム文書。

池澤氏も書いているように、この作品でもっとも解釈が難しいのは、王子さまと、故郷の星の一輪のバラとの関係である。バラとは何の暗喩なのか? 王子さまとバラとの関係は、いったい何なのか? 単に恋人、単に恋愛ではあるまいとは、ほかのエピソードのトーンからも推測がつく。

本作品中でバラと対比される植物バオバブの木についての記述から、逆にバラが何であるかを考えてみるとよい。
バオバブの木は「芽のうちはバラによく似ているが、油断して摘まずにいると、たちまちはびこって地表を覆い尽くし、最後にはその惑星を爆発させてしまう」という、災厄のような植物である。

この記述のあるページの挿絵は、三本のバオバブの巨木が、小さな惑星をまさに内側から破壊し、爆発させようとしているところ。

作品が刊行されたのは、サン=テグジュペリがアメリカに亡命していた時期(43年4月)であり、彼がその後故国に戻り、ドイツ空軍との戦いの中で死んだことを考えれば、作品にこめられた政治的メッセージを無視することは不可能だ。バオバブの木とはすなわちファシズムであり、惑星を押し潰そうとしている三本のバオバブの木は、国際社会を破壊しようとしている三国同盟と見てよい。

逆にバラは、その芽のうちはファシズムにも似ているし、高慢で身勝手で、育てるためにはたいへんな繊細さが必要なものだが、しかしひとを幸福にしてくれる美しい何か、である。とくに王子さまの惑星のその一輪のバラは、名前を持った(池澤氏の言葉を借りれば、定冠詞的関係となる)特定の誰か、ということだ。つまり(不定冠詞の)バラとはデモクラシーであり、そして王子の惑星の一輪のバラは、民主的な社会を構成する具体的なひとりの市民ということになる。

ひとはときどき、貴様のような女とはもう会いたくもない、おれはどこかよその惑星に行ってしまうぞ、と叫びたくもなる(千葉知事選挙の結果などに、バラのお馬鹿っぷりを見てしまう感受性はけっしておかしくはない)。しかしそれでもあんたの惑星にいるあんたのバラは、ファシズムよりはずっとましな、大切な存在ではないか、大事にしろと、『星の王子さま』は小さな声で言っているのだ。物語のラストを想えば、そのバラはフランスそのものであるという解釈も可能だろう。


池澤氏も、斉藤氏も、『星の王子さま』の政治的メッセージには言及していない。ま、言葉にしてしまえば、今日では野暮ったくも受け取られるメッセージであることはたしかであるし。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-04 20:58 | 本の話題
初期短編集がポプラ文庫から出ました。
『ラスト・ラン』(ポプラ社、580円。解説は池上冬樹氏)
デビュー直後の80年代初頭に書いたバイク小説集です(85年刊行の親本に、もう一篇をプラス)。

ちょうど志水辰夫さんの初期短編集も、中黒なしの『ラストラン』というタイトルで出たばかりですね。あちらは単行本。徳間書店。

タイトルがこうなったのは偶然。わたしのほうは、収録作品中のひとつのタイトルを使っています。
[PR]
# by sasakijo | 2009-04-03 21:17 | 連絡