ここは佐々木譲が開設している備忘録ブログです。日々の暮らしと、本、映画について書いています。


by sasakijo

ニューヨーク日記3

a0019702_6302.jpg7月13日
深夜3時半に目を覚ます。ここで起きてしまうと、時差ぼけがひどいことになるので、すぐに誘眠剤を飲んで、もうひと眠り。次に目覚めたのが8時半。これでなんとか、これ以上ひどい時差ぼけにはならずにすむでしょう。

12時、北海道ゆかりの会、という言わば県人会の、その会長さんT氏と、V社S氏、そしてわたしの三人で会食。というか、T氏にごちそうになる。

食事のあと、V社のオフィスへ。出版契約書にサインするという、たいへん大事なイベント。きょうまではずっと口約束だけで進んでいたのです。とはいえ、本が出てから契約書にサインというのは、日本のほかの出版社の場合もだいたい同じですね。
さらに『エトロフ発緊急電』『ストックホルムの密使』の2冊の翻訳についても、V社でやってもらえるよう契約。もちろん、これが実現するかどうかはひとえに『Zero Over Berlin』の売れ行きにかかってくるのですが。
編集長のY氏は、『鷲と虎』をまだ読んではいなかったとのこと。帰国後すぐに文庫版を送ると約束。

オフィスの会議室を借りて、100冊の本に、アルファベットと日本語でサイン。アルファベットのサインなんてしたことがありません。どんなサインにすべきか、マーケティング担当のAさんにアドバイスを受けて、それっぽいサインを作りました。

本日は、夜に、北海道ゆかりの会主催のウェルカム・ディナー。ここで『Zero Over Berlin』を売る予定です。
遅くなるかもしれないので、日記をいまのうちにアップ。

写真は、昨日ウエストビレッジで撮ったもの。
わたしが住んでいたころ、ここにライオンズヘッドというバーがあって(左側のドア)、わたしはときどきここにビールを飲みに行きました。物書きの卵たちがよく集まっていた店らしく、店の壁にはピート・ハミルほか、ニューヨークの作家、ジャーナリストたちの最初の本のカバーがていねいにディスプレイされていた。わたしはビールを飲みながら、自分もいつか作品が翻訳されたなら、ここにそのカバーを貼ってもらいたいものだと、密かに夢見ていたのでした。いま、翻訳されるという夢は実現しましたが、残念なことに、そんな夢を育んでくれたライオンズヘッドのほうは、なくなっていた。代わりに、看板にあるようなJAZZの店ができています。変わったのは看板だけで、内装のカバーの展示がそのままだということはないかな。いずれにせよ、ライブがある店のようですし、ここには一度入ってみることにします。もしかすると、わたしがライオンズヘッドの所在地について記憶ちがいしているという可能性もなくはないのですが。
[PR]
# by sasakijo | 2004-07-14 06:28 | ニューヨーク日記

ニューヨーク日記2

a0019702_235513.jpg7月12日
雨模様の空。グリニッチビレッジのほうへ散歩に。
87年の滞在のとき、わたしはニューヨーク大学(NYU)付属の英語学校に通っておりました。NYUは、ニューヨークのダウンタウン、ワシントン・スクエアの周辺に校舎が散在している大学。囲われたキャンパスを持っておりません。

この時期、わたしはアパートを3回変えましたが、一番長く住んだのはチェルシーにあるアパートでした。そこから学校まで、およそ30分歩いて通ったのです。途中、グリニッチビレッジのうち、ウエストビレッジと呼ばれているエリアを通ります。ちょっと風変わりな、いくらかクリエーティブな仕事をするひとたちの住む一帯で、ゲイも多い。わたしにとっては、たいへん懐かしいエリアです。写真は、ウエストビレッジのランドマークになっている煙草屋さん。ここが、ウエエストビレッジの真ん中にあたるでしょうか。

当時のことなどと思いだしながら歩いているうちに、雨が降ってきたので、手近なスターバックスに避難。中には、ノートPCを出して一心不乱のお客が6人いました。片側の壁際には、コンセントがあって、PCを使うひとは自由に使えるようになっています。これはありがたいサービスですね。もちろんバッテリーで使っているひともいましたが。ちなみに、PC6台のうち2台は非ウィンドウズでした。

雨が上がったところで、NYU周辺へ。さらにユニオン・スクエア。また雨が降り出したので、ピザ屋に入って昼食。雨は次第にひどくなるので、地下鉄に飛び乗って、つぎの用事のあるミッドタウンの紀伊国屋へ。支配人の市橋氏にごあいさつ。

V社S氏が届いたばかりの見本刷り『Zero Over Berlin』を持ってきてくれました。想像以上にツカ(量感)のある本です。活字がぎっしりと詰まった346ページ。新刊が出たときは、思わず頬ずりしたくなりますが、こんどももちろん。
紀伊国屋の会議室を借りて、週刊NY生活という週刊誌のインタビューを受けました。主幹の三浦良一さんはわたしの読者ということで、『ベルリン飛行指令』の単行本とコミック版も持っておりました。昨日の日記にも書いたような、作品が生まれた秘密について語りましたが、年の差のせいか、三浦氏がスピルバーグ『太陽の帝国』のことを知らなかったのは意外でした。

三浦氏は、新聞編集者であり、絵本作家でもある方でした。『キッズ・イン・ニューヨーク』という絵本をいただきましたが、これは素晴らしい絵本。絵に力があります。各国語版が出るとのことでした。

夕刻、ユニオン・スクエア近くにあるVertical Inc.のオフィスを訪ねる。担当者ひとりひとりに個室が与えられた、いかにもアメリカの企業という印象のオフィス。スタッフのみなさん(編集のYさん、マーケティング担当のAさんら)と一緒に、近くのベトナム料理店で、刊行のお祝い。

さらに、S氏の関係の某出版社のひとたちがニューヨークに出張中とのことで、このみなさんの滞在中のホテルへ(このホテルのすぐそば)。7人でお酒。ひとりを除いて、あとのメンバーがみなわたしよりもかなり若いことに愕然とします。いま、働き盛りのひとたちって、こういう年齢なのかと。

ところで、ブログの更新ができるのはよいし、メールの受信もできるのですが、なぜかメール送信だけがだめ。メールサーバのパスワードを要求される。パスワードなんてメモしてきていないものなあ。これはいったい何のトラブルなのだろう。受信ができるのだから、メールサーバにはアクセス可能な状態といことではないのかしらん。
[PR]
# by sasakijo | 2004-07-13 23:56 | ニューヨーク日記

ニューヨーク日記1

a0019702_19169.jpgニューヨークにいます。マンハッタンはレキシントン街と48丁目の角、ミッドタウンの言わばホテル街の中にあるホテル。
出発前にインターネット接続に関してすがやさまに助言をもらうなどどたばたしましたが、部屋のLANケーブルを持参のモバイルPCにつなぐと、難なく接続しました。 

拙著『ベルリン飛行指令』の英語版『Zero Over Berlin』が、ニューヨークのVertical Inc.という出版社から刊行の運びとなったのです。そのセールス・プロモーション活動のため、ニューヨークにやってきた次第。と書くと、アメリカのブロックバスター作家みたいに聞こえますね。いや、その印象を狙って書いてみたのですが。じつは、さほどおおげさなものではありません。日本でも新刊が出る場合、ときには書店でサイン会をしたり、メディアの取材を受けたりしますが、こちらでも出版社が、書店や日系メディアさんに対して、いろいろ働きかけてくれたのです。

飛行機の中で考えていましたが、ニューヨークはこれで6回目です。最初は87年で、88年にかけて長めに滞在、帰るとき、1年オープンで香港ニューヨーク往復の安いチケットを買って戻り、そのチケットでまたやってきた。それをもう一回繰り返し。それから『ワシントン封印工作』の取材でワシントンDCに行った帰りに寄ったのが1回、さらに友人に呼ばれてきたのが1回ですね。

『ベルリン飛行指令』をいまなら書けるという自信を手に入れたのは、最初のNY滞在のときでした。それまでは構想はあったけれども、自分にはまだまだこれを書けるだけの作家的基礎体力がないと思っていた。ところが、この街で英語学校に通い、新しい友人たちとつきあっているうちに、少しずつ自分に体力がついてくるのを感じるようになったのです。また、早く『ベルリン飛行指令』を書かなければという意欲もどんどん高まってゆく。それで88年、日本に帰ったところで、新潮ミステリークラブの担当S氏に構想を話したのでした。担当氏が了解してくれて、書き出したのが『ベルリン飛行指令』。かなりの勢いで書きました。88年10月には刊行です。というわけで、『ベルリン飛行指令』という作品は、最初のニューヨーク体験と切り離しては考えられません。

夜、V社S氏と、食事をしながら打ち合わせ。S氏は、打ち合わせの場所に、ドイツ料理店を選んでくれました。9番街と51丁目の角、ローレンス・ブロックのマット・スカダー・シリーズの舞台になったエリアの近く。写真は、お店の看板です。
S氏は、『ベルリン』の宣伝用絵ハガキをお店のマスターに見せ、ベルリンも舞台になる小説なので、これをお客に配ってくれないかと頼んでおりました。きめ細かな販促活動。頭が下がります。

ホテルからレストランへ行くのにタクシーに乗ったのですが、動き出してもドライバーはメーターを倒さない。「メーターが動いてないよ」と文句を言うと、黒人のおっさんドライバーは、ばれたかと言うようにカラカラと笑って、7ドルでどうだ、と言う。まあ、そんなに吹っ掛けてはいないかと思いオーケーしましたが、降りてからS氏に確かめると、やはり若干高めだったようです。お上りさんと見やがったな。ああ、ニューヨークだ。
[PR]
# by sasakijo | 2004-07-12 19:17 | ニューヨーク日記

7月のカフェ

a0019702_1467.jpg7月になりました。もう一年の半分が終わってしまったのですね。これはいけない。今年は新刊が3点の心づもりだったのですが。
ともあれ、きょうからは掲示板にはこちらをお使いください。
[PR]
# by sasakijo | 2004-07-02 14:06

6月のカフェ

a0019702_12472.jpg気がついたら、もう6月でしたね。新しくこのエントリーを作りますので、掲示板としての利用は、こちらをお使いください。
写真は、先日行ったチミケップ湖。道東・北見市の南方、かなりの山奥にある小さな湖です。湖岸線が複雑なので、カヌーをするにはよい場所なのではないかと思います。ただし、残念ながら、意外にひとの姿は多い。と言っても、ホテルの従業員さんたち含めて、わたしがここで目にしたひとの数は30人以下ですが。
チミケップ・ホテルという、いいプチホテルが湖岸にあります。『男の隠れ家』の記事では、レポーター氏もさりげなく「不安」という言葉を使っておりましたが、わたしもなぜか、ホテルのデッキにいたときに同じく「不安」めいた気持ちになりました。景観や建物のたたずまいもいいし、この「不安」の理由はよくわからないのですが、ホテルに達するまでに感じた、遠い、という印象のせいかもしれません。そうそう、ここはauでも圏外でした。
[PR]
# by sasakijo | 2004-06-05 12:48 | 掲示板
ダカーポが今週号で「団塊の世代をめぐる攻防戦、オレたちはそんなに悪いのか!」という特集を組んでいます。団塊世代の端っこ(25年3月生まれなので)として、最近の団塊バッシングは多少気になります。で、ダカーポを読んでみた。
ダカーポに限らずこういうテーマの記事すべてにわたって言えることですが、編集部も発言者もみな、「団塊の世代」をそのまま「全共闘世代」だと定義しているようです。それって正しいですか。
もうひとつ、「全共闘」を「世代」でくくって語る場合も、たいがいそれは「全共闘活動家」のことのようなのですね。インタビューを受けている立松和平、弘兼憲史、和田秀樹、保坂展人、みな同じ。でも、この世代の中のごく少数派であった「全共闘活動家」で世代を代表させてしまっていいでしょうか。
わたしの記憶では、全共闘運動がもっとも活発だった1968年という年は、団塊の世代だけではなく、中学生から30歳前後まで、多くのひとがけっこう盛り上がって時代を楽しんでいたのです。68年を生きたのは、団塊の世代だけではありません。また、68年という年の特異性を抜きに考えれば、団塊の世代はひとくくりにできるほど単純に規定できるマッスでもなかったと思うのですね。あの当時、大学に進学しない同世代も75%はいたのだし。
また、団塊の世代のいまが語られるとき、それは必ず「ホワイトカラーの社会人」ということも気になります。ほかの業種についている団塊の世代は、傾向がちがいますか? だとしたら、そもそも団塊の世代というくくりが成立しないはずですが。
もうひとつ、団塊の世代が語られるとき、そこではこの世代の人口の半分を占める女性の顔が想像できないことも気になります。こういう記事では、はっきり言って、女性はまったく無視されている。生き方の例が提示されることはまずありません。これってわたしだけの感じ方でしょうか。
おたく世代がけっして特権的ではないように、団塊の世代も、ひとまとめに攻撃できるほど特別な存在じゃない、と思うのです(統計上は比較対照する意味もあるでしょうが)。世代論って、ときどき血液型性格判断と同じように、いかがわしく感じます。
[PR]
# by sasakijo | 2004-05-24 21:50 | 汎用ジャンル

5月のカフェ

a0019702_15241.jpgチャンネル北国tvが、このところまったくつながらなくなってしまいました。やっとこつながったと思っても、今度は書き込みができない。あるいは、ほかのかたのblogが読めない。いつ復旧になるのかわからないので、掲示板をとりあえずこちらに緊急避難させます。こちらのほうがもし盛り上がってしまうようなことになれば、北国tvには、北海道の地域系の話題だけを書き込むようにしようと思います。
例のとおり、佐々木はここでは最初の話題を振ったあとは、あまり発言せずにもっぱらみなさんのコメントを読ませていただくことになるでしょう。ROM御免。せっかくコメントしたのに失礼なやつだ、と思わないでください。カウンターの反対側で、お客の会話を聴きながら黙ってグラスを磨いているマスター、あれがわたしです。
[PR]
# by sasakijo | 2004-05-13 15:20 | 掲示板
佐々木譲資料館
佐々木へのメールは、資料館中の「メール・フォーム」から送ることができます。
また、新規の業務の用件(原稿、講演、対談等)はすべて、資料館トップページほかにある「窓口」を通じてお送りください。
[PR]
# by sasakijo | 2004-05-13 14:55 | HP佐々木譲資料館